インスタグラムなら旅行中に一瞬でその場を共有

旅行中にもインターネットに接続できる環境であれば旅の思い出をリアルタイムに共有することができ、どこにいても旅行先から発信することができます。
写真は旅先の足跡が残るので、あとから見返しても充実した旅だったと気づけるでしょう。
旅行をしていること誰にも言っていなかったとしても、ストーリー機能を使うと一瞬でどこにいるのか伝えることができたり、ライブ配信もできます。
ライブ配信で旅行先の解説を行い、離れている友人や旅行に行けない方と旅の楽しさを共有することや、どんなお土産がいいかリアルタイムで相談することも可能です。
見ている人がリアルタイムにコメントもできるので、より共有性も高いです。
また、離れて待っている家族がいる場合心配なものですが、インスタグラムで状況を共有すれば無事が確認でき、また旅の思い出を家族に伝えられます。

その他にも、例えば旅先でダイビングをする時、カメラがなければ自分では写真を撮ることができません。
しかしガイドは必ずカメラを持っているので、インスタグラムで共有してもらって思い出に残すことができます。
インスタグラムならばリアルタイムの投稿なので、同じ場所にいる人と繋がることができます。
また、万が一旅行中にスマホが盗まれたり壊れたりした場合、インスタグラム上にアップしていた写真は復元が可能ですので、安心して楽しめます。

インスタグラムは自分のプロフィール上に電話番号とメールアドレスが登録できるため、知らない人と連絡が取れ、新しい出会いが生まれることもあります。
同じ場所にいる人をフォローすると投稿を旅先でチェックでき、写真から撮りたいものを見つけられるかもしれませし、同じものが撮りたくなれば旅先での予定を変更することもできるので思い出が増えます。
旅先で食べたいものが決まらない時は、インスタグラムを開いてみると美味しそうな料理がたくさん載っているので食べたいものを探したり、新しいメニュー表や口コミの代わりにできます。
旅行本に載っていない店も多々出てくるでしょう。

旅行中にも写真を加工することが可能です。
おしゃれに撮ったり、風景がきれいだといいねやフォロワーが増える傾向にあります。
この数が多いほど友人に自慢でき、瞬く間に有名人になった気分を味わえるでしょう。
人気者になると旅の情報をくれる人も増え、もっときれいな写真が撮れてさらに皆に自慢できます。

旅行中は、離れている家族が心配しています。
この時も状況を共有することで無事が確認でき、また旅の思い出を家族に伝えられます。
なお、投稿した写真が気に入らなくてもアーカイブ機能を使用することで非公開にできます。
インスタグラムは他のSNSと連動ができ、インスタグラムをやっていない人にも共有できるということも人気の理由です。
そして何より、インスタグラムは写真だけで表現できます。
その写真は世界中の方と旅先での一瞬を共有し、言語の壁を越えてコミュニケーションが取れるのです。