プロの写真撮影とアマの写真撮影の違い

スマホの普及によって誰しもが写真を身近に感じ、いつでも撮影を楽しめるようになりました。
アマでありながらも高い技術を持って写真撮影を行う人が増えていますが、やはりプロの写真撮影には被写体を上手く表現する技術が備わっています。
どのあたりがプロとアマの違いなのでしょうか。

まず、プロとアマの大きな違いとして写真撮影にかける時間があります。
プロは被写体の魅力を最大限に引き出すための構図を考えるところから写真撮影を始めます。
アマの写真撮影では、被写体と向き合う時間が短いことが写真のクオリティを下げることになっています。

また、プロの写真撮影では、カメラの機能に頼りすぎることなく自分自身が被写体に近づいたり遠のいたりしながら撮影を行います。
もちろんプロは機能を熟知しているのですが、カメラに振り回されることなく被写体の良さを引き出すことだけを考えて撮影を行います。

プロとアマの写真を見分けるには、色の鮮やかさを見るのが分かりやすいです。
スマホを使えば素人でも奇麗で鮮やかな写真が撮れる時代ですが、やはりプロの写真の色の鮮やかさには驚かされます。
被写体の後ろに写る背景にも十分な注意を払いながら、写真全体の色合いが鮮やかになるような工夫を行っています。

素人がプロ顔負けの写真を撮影するためには、まずは被写体の観察に十分な時間をかける必要があります。
自分が撮影したいものの最大の特徴が何であるかを十分に理解して、その特徴や魅力を最大限に引き出せる構図を考えます。
アマの方がプロよりも短時間で撮影すれば、プロの方が良い写真を撮るのは当然です。

また被写体の観察が終わったら、次は背景についても検討する必要があります。
被写体のみを切り抜いて使用することは稀ですので、どれだけ被写体が奇麗に撮影できても、背景に余計なものが写っていれば写真撮影としては不十分です。
自分の手で動かせるものは写真に写らない場所に移したり、動かせないものが写らないように自分が移動したり、様々な工夫をしながらプロは写真撮影を行っています。

スマホで撮影する場合には様々な機能を簡単に使用することができますが、ズームを含めて機能を使い過ぎることは写真撮影の技術としては適切ではありません。
自分の身体を移動させて被写体との距離を調整し、しゃがみこんでローアングルから被写体を狙ったり、高いところに上がって上から撮影するなどの工夫をするように心掛けましょう。
アマであっても写真撮影を楽しむことができる時代だからこそ、上手く写真撮影ができるようにしたいものです。